堺市・岸和田市・和泉市周辺で税理士をお探しなら、創業40年超の森福会計事務所/森福税理士事務所へご相談ください

〒594-1151  大阪府和泉市唐国町1-8-25

ご相談随時受付中

お気軽にお問合せください

決算書とは
〜初歩的なことからわかりやすく解説〜

法人化すると、1年間に1回は必ず提出する必要がある決算書。
では、決算書とは一体どのような書類なのでしょうか。

この記事では、税理士が決算書についてわかりやすく解説いたします。

決算書とはどんな書類?

決算書は、一定期間の経営成績や会社の財務状況を表す書類です。

決算書は通称で、正式名称が「財務諸表」なのは意外とご存知ない方が多いのではないでしょうか。

このページでは、わかりやすいように「決算書」の表記で統一して、ご説明していきます。

決算書には「売上」・「仕入」・「経費」・「利益」など、経営の基礎となる数字が記載されており、大変重要な書類です。

決算書は一つの書類を表すのではなく、一定期間の経営成績や会社の財務状況を記入した複数の書類のことを表します。

決算書の主な書類は、この2つです。

  • 貸借対照表
  • 損益計算書

決算書と申告書は別の書類?

混同される方が多いのですが、決算書と申告書は別の書類。

申告書は決算書の数字を元に、「税金がいくらになるか」を計算した書類で、税務署に税金の金額を報告するための書類です。

決算書の主な2つの種類

ここからは決算書の中でも、特に重要なこの2つの書類がどんな書類かをご説明していきます。

  1. 貸借対照表
  2. 損益計算書

貸借対照表とは

貸借対照表とは、ある1年間の会社の資産と負債、純資産をまとめた書類です。

貸借対照表はバランスシート(B/Sシート)とも呼ばれます。

貸借対照表を作成することで、資金の

  • 調達方法
  • 保有方法
  • 運用方法

が確認できます。

貸借対照表について、もっと詳しく知りたい方はこちら

損益計算書とは

損益計算書も、ある1年間の会社の業績をまとめた書類です。

貸借対照表は1年間の状況を「点」で見ますが、損益計算書は1年間の状況を「線」として見れます。

損益計算書は、下記3つの要素から成り立っています。

  • 収益
  • 費用
  • 利益

損益計算書は、プロフィット&ロス・ステイトメントシート(P/Lシート)とも呼ばれます。

損益計算書について、もっと詳しく知りたい方はこちら

決算書を提出する時期

ここまでで決算書の中でも、特に重要な3つの書類についてご説明してきました。

では、その書類はいつ提出すれば良いのでしょうか。

決算書を税務署に提出するタイミングは、
「決算日の翌日から2ヶ月以内」
と定められています。

決算日は会社によって自由に決められるため、会社によって異なります。

ただ、3月・12月を決算日にしている会社が多いため、4月〜5月、1月〜2月に決算書を提出する会社が多いです。

税務会計にもっと詳しく知りたい方は
こちらのページも合わせてご覧ください

法人と個人事業主の違いを、それぞれのメリット・デメリットを比較して解説。

詳しくはこちら

会社が支払うべき税金がいくらになるか、概算を簡単に出す方法を具体的に解説いたします。

詳しくはこちら

個人事業主の方が1年に1回提出しなければいけない確定申告書の申告方法や深刻の流れについて解説。

詳しくはこちら

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0725-53-2251

営業時間:9:00~17:00(土日祝を除く)
※「ホームページを見ました」とお電話下さい。

まずはお気軽に
お問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0725-53-2251

営業時間(9:00~17:00)
休業日:土曜日・日曜日・祝日

お問合せはこちら

営業時間(9:00~17:00)

事前にご予約があれば、時間外のご相談も承ります。

休業日

土曜日・日曜日・祝日

お問合せについて

営業時間外でもお電話でのご対応は可能です。お電話が繋がらない場合は、少し時間をあけてもう一度お電話いただければ幸いです。
また、お問合せフォームからお問合せいただければ、当事務所よりご連絡いたします。

0725-53-2251