堺市・岸和田市・和泉市周辺で税理士をお探しなら、創業40年超の森福会計事務所/森福税理士事務所へご相談ください

〒594-1151  大阪府和泉市唐国町1-8-25

ご相談随時受付中

お気軽にお問合せください

税理士が解説する税務調査の内容と流れ

この記事では経験豊富な税理士が、税務調査に関する基本的な知識をお伝えしていきます。

この記事でお伝えする内容
  • 税務調査とは
  • 税務調査の流れ
  • 税務調査が入ったらどうなるのか
  • 税務調査が入りやすい会社
  • 税務調査が入らないための対策
  • 税務調査が入った時の対応を税理士にお願いした方がいいか

税務調査とは

税務調査とは、決算書や確定申告の内容が正しいかどうか、税務署がチェックすることです。

もし決算書や確定申告の内容が誤っており、支払った税金が少ない場合は、追加で税金を支払います。

税務調査の対象は法人だけでなく、個人事業主・個人(フリーター)も調査の対象です。

また、赤字でも小さな規模の会社でも税務調査は入ります。

税務調査が行われる時期は特に決まっていませんが、7月〜12月が多いと言われています。

税務調査の内容

税務調査の内容をざっくりお伝えすると、以下の2点を税務調査官に確認されます。

  • 申告に計上していない売上がないか
  • 申告に計上されてる経費の中で、本来経費にあてはまらないものがないか

要は税金を計算するルールに則って、正しく売上と経費を申告し、税金を支払っているかを確認されます。

そのため、申告した売上や経費の証拠となる契約書・領収書などは、日頃からきちんと整理・保管しておきましょう。

税務調査の流れ

税務調査の主な流れは以下のとおりです。

税務署から
事前連絡

税務調査が入る場合、基本的には事前に税務署から連絡があります。

調査の日程調整

税務調査を行う日程を調整します。

税務調査
(概ね1日〜2日)

調整した日程で税務調査が行われます。

調査後の対応

調査時に確認が必要になった場合、調査官と再度話し合いの場が設けられる場合があります。

通知を受けて対応

調査の結果、支払った税金が少ないと判断された場合は税金を追加で支払う必要があります。

調査結果の通知

調査から1週間〜数ヶ月で調査結果が通知されます。

税務調査が入ったらどうなるの?

「税務調査が入ったら、結局どうなるの?」とご心配になると思います。

そんな方のために

  • 申告内容に問題があった場合
  • 申告内容に問題がない場合

に分けて、どのような対応が必要かを簡単にご説明します。

申告内容に問題があった場合

税務調査の結果、申告内容に問題があると判断された場合は「修正申告書」を提出して、追加で税金を支払う必要があります。

申告内容に問題がない場合

申告内容に問題がなかった場合は、特に対応は不要です。

税務調査が入りやすい会社

よく経営者の方が気にされているのが「どんな会社が税務調査が入りやすいのか」というご質問です。

このご質問にお答えするのは難しいのですが、一般的には下記のような会社に調査が入りやすい傾向があります。

  1. 事業規模が大きな会社
  2. 設立から3年以上経った会社
  3. 長期間、税務調査が入っていない会社
  4. 過去に不正があった会社
  5. 不正があった会社と取引している会社

ここに記載していない会社でも税務調査を受ける可能性は充分にありますので、油断せず日頃から正しく記帳・申告するよう心がけてください。

税務調査が入らないための対策

「税務調査が入らない対策を知りたい」という経営者の方も多くいらっしゃいます。

ただ、税務調査はどんなに対策・準備をしていても調査される可能性があります。

そのため、

  • 税務調査が入らないための対策ではなく
  • 税務調査が入っても大丈夫な対策・準備を行う

という意識が大切です。

税務調査がいつ入っても大丈夫な状態にしておくには、日頃の記帳と申告書を税理士にチェックしてもらうのが一番と言えます。

税務の知識が豊富な税理士がチェックしておけば、申告内容に問題が出ることは少ないです。

税務調査が入った時は税理士に対応してもらった方がいい?

税務調査が入った場合、基本的には税理士に対応をお願いすることをお勧めします。

その理由は、この2つです。

  • 税務調査に必要な準備をサポートしてくれる
  • 税務調査官と交渉してくれる

特に税務調査官と交渉してくれるメリットは大きいです。

税務調査官と交渉するためには、

  • 税務に関する深い知識
  • 税務調査官に対する理解
  • 調査が入った会社への理解

が必要になります。

この3つがないと、税務調査官と適切な交渉ができず、税務調査官の言いなりになってしまい、正しい状況を伝えられない可能性が高いです。

ただ、税務調査対応の経験がない税理士の場合、税務調査官と適切な交渉ができないこともあります。

そのため、税務調査対応をお願いする場合は、税務調査対応の経験が豊富な税理士に相談しましょう。

税務調査が入った時のために、記帳・資料の保管・申告を専門家に日頃からチェックしてもらおう

この記事の中でもお伝えしましたが、税務調査が絶対に入らない対策はありません。

そのため、常日頃からいつ税務調査が入っても問題ないように

  • 記帳
  • 領収書や契約書の保管
  • 申告

を専門家のチェックを受けつつ、行いましょう。

日々の記帳から税務調査の対応まで
森福税理士事務所がトータルサポート!

森福税理士事務所では、税務調査が入っても問題がないように、日々の記帳から決算書の作成・申告までトータルでサポートいたします。

もし税務調査が入った場合でも、経営者と二人三脚となり、対応いたしますので、ご安心ください。

税務調査にもっと詳しく知りたい方は
こちらのページも合わせてご覧ください

経営者の方からよくご質問いただく、税務調査が入る時期・頻度・対象期間について、お答えいたします

詳しくはこちら

確定申告をする上で気をつけるべき売掛金と買掛金のタイミングについて解説いたします。

詳しくはこちら

税務調査が入っても問題がない・税務調査が入らないような、期末の在庫処理の仕方をお伝えいたします。

詳しくはこちら

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0725-53-2251

営業時間:9:00~17:00(土日祝を除く)
※「ホームページを見ました」とお電話下さい。

まずはお気軽に
お問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0725-53-2251

営業時間(9:00~17:00)
休業日:土曜日・日曜日・祝日

お問合せはこちら

営業時間(9:00~17:00)

事前にご予約があれば、時間外のご相談も承ります。

休業日

土曜日・日曜日・祝日

お問合せについて

営業時間外でもお電話でのご対応は可能です。お電話が繋がらない場合は、少し時間をあけてもう一度お電話いただければ幸いです。
また、お問合せフォームからお問合せいただければ、当事務所よりご連絡いたします。

0725-53-2251