堺市・岸和田市・和泉市周辺で税理士をお探しなら、創業40年超の森福会計事務所/森福税理士事務所へご相談ください

〒594-1151  大阪府和泉市唐国町1-8-25

ご相談随時受付中

お気軽にお問合せください

相続税

相続放棄によって保証債務が残るケースと残らないケース

このページでは、相続放棄をすることで保証債務が

  • 残るケース
  • 残らないケース

について、わかりやすく解説いたします。

保証債務とは

まず、保証債務についてご説明いたします。

保証債務とは、借入した方が返済できなくなった場合、借入した方の代わりに返済する保証人が持っている債務のことです。

また、連帯保証とは、借入をした者と同等の返済義務を持つという保証です。

連帯保証人は返済を求められると、先に借入した人から返済してもらう依頼をするまでもなく、返済する義務が発生します。

相続放棄とは

次に、相続放棄についてご説明していきます。

相続放棄とは、相続財産を引き継がないことです。

相続財産には、

  • 預貯金などのプラスの財産
  • 借入などのマイナスの財産

があり、マイナスの財産が多い場合は相続財産を引き継がないことができます。

先ほどご説明した保証債務も、この相続放棄によって引き継がなくてもよいケースがあります。

保証債務が残らないケース

亡くなられた親が保証人になっている場合、相続人が相続放棄をすれば保証債務は残りません。

親が持っていた保証債務は相続財産となるため、相続放棄によって保証債務は引き継がないことができます。

保証債務が残るケース

亡くなられた親が借入をし、相続人が保証人になっている場合は相続放棄をしても保証債務は残ります。

この場合、保証債務は親ではなく相続人が持っているマイナスの財産のため、相続財産では無くなります。

相続税でお悩みの方は、お早めにご相談ください

今回ご説明した保証債務のように、マイナスの財産でも引き継がなくても良いケースがございます。

ただ、その判断をご自身でするのは難しいと思います。

当事務所は、大阪の堺市・岸和田市・和泉市を中心に相続税の対策・申告を長年行なっているため、豊富なノウハウがございます。

相続に関してお困りのことがあれば、お早めに当事務所へご相談ください。

お客さまの状況をふまえて、どのように相続を進めればいいかご提案いたします。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0725-53-2251

営業時間:9:00~17:00(土日祝を除く)
※「ホームページを見ました」とお電話下さい。

お問合せはこちら

営業時間(9:00~17:00)

事前にご予約があれば、時間外のご相談も承ります。

休業日

土曜日・日曜日・祝日

お問合せについて

営業時間外でもお電話でのご対応は可能です。お電話が繋がらない場合は、少し時間をあけてもう一度お電話いただければ幸いです。
また、お問合せフォームからお問合せいただければ、当事務所よりご連絡いたします。

0725-53-2251